スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Monday 

  • -
  • comments (0)
  • trackbacks (0)

栃木県庚申ダム・群馬県黒坂石ダム

 2013年9月8日の記録

早めに起きた。今日は栃木の庚申ダムに行く事にする。
家から出ると既に雨がパラついてる。


■12時30分くらい■
人生で初めて東北道を走り、途中の大谷PAによる。
ここは大谷石の切り出しで有名なところだ。ということを、公衆トイレのオブジェを見て思い出した。

何故トイレに。

朝から実験的に使っていた、スマホをドライブレコーダーにするアプリは、
長時間録画はできないみたいだ。
しかも充電しながら動かしても、電池が減る。残念ながらアンインストールだ。


■13時ごろ■
日光宇都宮道路に入る。雨すごい。道の水はけがわるい。
途中のPAに、NHKのパラボラ付き中継トレーラーがいた。何の取材だろう。
ETCゲートを通過し、日光道の料金が支払われたと思ったら、更にもう一個ゲート。
更に少しお金が出て行った。なにこのシステム。


■13時55分ごろ■
庚申ダムについた。
チャイムを鳴らすと、職員のおじさんが「何人?(・∀・)」と気さくに聞いてきた。


ここは群馬の黒坂石ダムと似た規模で、用途も発電用だ。存在を強調されたゲートがいいかんじだ。
そして水がなぜか緑色。なんで?


なんか「不安の種」って漫画に出てきそうなカエル発見。


ダムの放流サイレン、聞いてみたい。


■14時24分■
渡良瀬川に架かる橋を通ると、昔の橋桁があった。古い建造物の残骸、だいすき!



■14時42分■
黒坂石ダムにつく。
ここはダムカードは持っているが、来た事がなかった。

期待していた、青いゲートが木に邪魔されて見えない。どうしても見えない。
あの木がなければ、カタパルトっぽいゲートが見えるのに!
ガンダムが「シュッ」とか「ドバーッ」とか擬音を出しながら飛び出すのに!

ダム湖中ほどの水門から流れ込む水が、温度が違うのかダム湖の水と混じりあわずに湧き水みたいになってる。

ダムを空撮した画像があった。
左側の水門から水が出て様子がよくわかる。



帰りの道の駅でピロピロ笛を買った。

現在のダムカード入手数 30枚

Monday 03:10

春日山城と鯖石川ダム−新潟県上越市・柏崎市

 2013年8月30日(金)〜31日(土)の記録

■2013年8月30日(金)23:30ごろ

会社から直接実家へ向かう。
明日は9時に友人宅集合だ。急がねば。

■2013年8月31日(土)8時15分

目覚ましがなる。起きた。

■8時20分
友人から電話が来る。
「九時過ぎてるけど・・・」

8時ではなく、9時20分だった!
1時間記憶がない。

■9時50分
友人宅につく。
今から関越道・上信越道経由で上越市までGoだ。

■時刻不明
上信越道通過中。片道一車線になった。

■12時50分ごろ
助手席に座ってる友人が「ちょっと便」というので、妙高SAに寄る。
なんか変なものないかな〜と売店を物色していたら、
「収穫したリンゴを満載した軽トラのチョロQ」を発見した。これは妹への土産にしよう。



■13時30分ごろ
上越市につく。
聞いたことのない名前の回転寿司店に入る。
我々山の民には、魚の味の違いがよくわからない。何食ってもうまい。

■14時ごろ
春日山城につく。
うろうろしていたら、タイムリープした直江兼続様が現れて、色々教えてくれた。
「拙者の予報によれば、5時ごろから雨」と言っていた。直江予報だ!
本丸まで登って、すぐに下ってきたら大汗をかいてめまいがした。
時空を超えて現れた直江殿は「もっとゆっくりしていけばいいのに」と言っていたが、17時までに鯖石川ダムに行かなければならない。


戦国時代の城らしく、すげー山道。
友人は失禁したみたいな汗をかいていた。

新潟コシヒカリアイス。


■16時30分ごろ
ダムへ一直線に走っている。前を走っている軽トラがかなり速い。
棚田が見える。

■16時50分

鯖石川ダムについた。ダムカード配布は17時までだ。
このダムは、群馬の黒坂石ダムのように堤体中央に目立つゲートがついている。
同様に小型なのもいい。メンテナンス性高い!
先日までの豪雨で水が多くなり、ダムから放流していた。

どばどば出る。

じゃんじゃんでる!


ゲート上流側から。赤いゲートの曲面にグッとくる。


コンパクトなサイズのダム。メンテナンス性の高さもいい。

現在のダムカード取得数 29枚

Sunday 21:08

荒川貯水池に行く

 2013年7月14日の記録

■13時ごろ■
実家に行く前に、荒川貯水池のダムカードをもらいに行こうと思う。
準備をしたら家を出よう。あつい。

■14時半ごろ■
外環道を走る。いいながめだ!プラネテスのタナベの地元みたいな風景だ!

■15時ごろ■
河川敷に建つ、自然学習センターに着く。こういう公共の建物だいすき。
入り口のおっちゃんにダムカードをもらう。あっさり。

■15時15分ごろ■
学習センター内を見る。
いきなりらきすたの洗礼。埼玉県はこの作品でまだまだひっぱる。





なんかの学習映像を再生していたパソコンが、ダイアログ出してとまってる。ヘイ!管理者はどこだい?



とてもいい眺めです。




神奈川のダム→博覧会のような充実した学習設備と、観光も踏まえた放流イベント
群馬のダム→ぐんまちゃん。食べ物もおいしいよ。
埼玉のダム→らきすたでこれからもひっぱるよ。

Sunday 22:55

群馬南西部のダムを巡る

2013年8月15日(木)

南から渋滞が迫ってきている。早く出なければ。
平日しかカードを配布していないダムはお盆休みが数少ない入手のチャンスだ。
車を起動したらカーナビが「今日は終戦記念日です」と伝えてくれた。

■11時ごろ■
高速に乗った。車は多いが渋滞はしていない。このまま上信越道までいきたい。


■12時少し前■
松井田妙義で高速を降りた。
霧積ダムに向かう。

信越本線旧線の廃線跡遊歩道をくぐって先に進む。 信越本線横川軽井沢間は新線も旧線も廃線になっている。

霧積湖の手前に麦わら帽子の絵の看板があった。群馬県わかってる。

あの麦わら帽子、どこへいったでせうね。


■12時頃■
霧積ダムにつく。だれもいない。水が少ない。管理事務所も年季が入っていてかなりくたびれてる。
職員のかたにカードをもらったら、家族連れがきた。キャンプだろうか。
ダム湖畔の上流側は湖底が見えている。一面の森だ。



霧積温泉には行かず、来た道を戻る。


■12時半少し前■
おぎのやで釜飯とおみやげと、財布他小物いれにするぐんまちゃんポーチを買う。
釜飯はダムで食おう。


■12時半過ぎ■
中木ダムにつく
管理事務所の戸をみると、「ダムカードは 安中市役所 谷津庁舎で配布しています」の文字。
だんだんドラクエ2のサマルトリア王子探しみたいになってきた。


■13時過ぎ■
安中市役所谷津庁舎につく。
ぐったりした職員さんと、にこやかな職員さんが入り口そばにいる。
カードはにこやかさんが渡してくれた。
「遠いところからよくおいでくださいました」的な言葉と共に、ダムカードを入手した。


■13時半ころ■
道平川ダムに向かう。


■14時頃■
信越本線の線路を通過する。
中高生たちが高台から下をみている。なんだろう。


■14時過ぎ■
すごいゴツゴツした山のそばを走っている。
妙義山だろうか。
セミが鳴いている。日本の夏だ。国語の教科書によくでてくるあれだ。


■14時半ごろ■
道平川ダムにつく。
女子中高生たちと、そのお父さん?がいる。お父さんではないかもしれない。
ダム構造体の上を通り、管理事務所でカードをもらう。
またも「遠いところからよくきたね」的な言葉を頂く。埼玉ってそんなに遠いだろうか…
車に戻ると、もう女子中高生たちと、お父さんぽいひとはいなかった。

帰宅後に知ったが、このダムはダム構造体に、ぐんまちゃんの絵が描かれているそうだ。ただし四本足の先代。

大仁田ダムは、完了が開いているのが15時半までだ。
間に合うだろうか。

ダム堤体の上から。よくみると群馬県の形のオブジェクトがあるぞ!


突如ABBA。SOSとかDancingQueen的なアレが群馬に。



■15時ころ■
下仁田を通過した


■15時20分■
サイトに記載されていた住所に着くが、小さな沢しかない。
もっと奥なのだろうか。

谷川沿いの集落を進む。人がいない。
道が二股に別れた。どちらも谷川がある。右の道を選んだ。

道が狭い。急な坂をのぼる。まったく違う所にきてしまったのではないだろうか。
先程の集落が途切れたあと、また谷川沿いの集落に入った。

山道だ。家もなくなった。

郵便屋さんがいる。
ダムのことを聞くと、この先だと言う。よかった、道は正しいようだ。

ダムが見えた。巨大な堤体の下に出た。管理事務所が見えない。どこだ。


■15時25分■
更に道を進み、大仁田ダムの上に出た。
管理事務所でカードを受けとる。
飲めない水が出る蛇口がある。
トンボがすごい。

でかい蜂の巣がある。

ダム湖からの眺め


横川で買った釜飯を食う。
陶器の釜は持ち歩くには重いと思う。


■15時35分■
神流町の塩沢ダムへ向かう。
谷川沿いの集落で人を見かける。よかった、人がいた。


■16時頃■
上野村に入る。
ここはドラマ「トリック」第一期の第二エピソードでロケをした村と、日本航空123便の墜落現場がある。
途中、慰霊の園のそばを通った。


■16時30分頃■
あの赤い橋は、トリックで映っていたものだろうか?


■16時55分頃■
藤岡土木事務所万場事業所でカードをもらう。
塩沢ダムに行くと、情報どおりでかい壁画がある。

夏の川のにおいがする。



■17時10分頃■

道の駅にいったら、もう、店じまいだった。帰ろう。


つかれた
五ヶ所まわるのはつらすぎる。
道の駅も行けなかった。
次回からは、ダムは1日三ヶ所までにしよう。
焼きまんじゅうも食べていない。

現在のダムカード取得数 28枚


ダムから釣竿をのばすとあぶないよ

Saturday 06:06

有馬ダムに行く - 埼玉県飯能市旧名栗村

■14時5分■
炎天下で車のハンドルが焼ける様にあつい
有馬ダムへの経路をカーナビで検索すると、多少大回りでも高速を使うべきとでた。
ダムカードをもらえる管理事務所が開いているのは16時まで。
出発だ。


■15時5分ごろ■

青梅インターを降りて、一般道をゆく。
途中、若干弱気な割烹料理店の看板を目撃。その謙虚さにぐいぐい引き込まれる。


母さんの手料理には負けるけど・・・


■15時25分ごろ■
有馬ダム管理事務所に到着する。
ここは平日しか開いていないのでお盆休みがチャンスだ。
インターホンで声をかけると職員さんがすぐにダムカードを持ってきてくれた。
特にプラス面・マイナス面のドラマはない。平和ってすばらしい。劇的なドラマはもういらない。平坦な道を行こう。

ここは旧名栗村。そこかしこにある痕跡がナイスだ。


■15時30分ごろ■

となりの売店で謎のストラップとアイスを買う。
ダム湖畔の看板に溺れ坊やが描かれているが、どうも僕の目には団地ともおに見えてしまう。


もう1枚の看板には、これまた既視感のある絵が。なんだろう。思い出せない。



■15時45分ごろ■
埼玉らしく、そこらじゅうにコバトンが参上している。
こいつのいいところは、「微妙にかわいくないところ」だ。LOVEコバトン。
扱いが雑なのもいい。



■15時50分ごろ■
『見学のしおり ご自由にどうぞ』とかかれたポストが
本当にご自由になっており、一枚も残ってなかった。


■16時ごろ■
一番こころに響いた落書き。これだよこれ!
近くに古びた昭和の電話ボックスもあった。すばらしい。



■15時ごろ■
飯能市街を通って帰る。
ここは「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」劇中で、株価が乱高下する青年が通う高校がある街らしい。
見てないけど。


■21時ごろ■
日本の最高気温記録が四万十で記録されたと知る。
わが故郷熊谷はもう日本一ではない。
・・・でも、いいや。暑いぞ熊谷とかもういいよ(´д`)ほんとに暑いんだもん。
日本一ではなくなったが、相変わらず暑い。

謎のストラップは妹に渡した。
てかこれ、すだちくんに似てない?


今回の有馬ダムで、埼玉のダムカードは全部揃った。

Thursday 01:07

神奈川ダムうろつき日記

■13時30分頃■
近所の小学校で選挙の投票を済ませる。
学校は会社と違って面白い構造をした建築物だと思う。
重要な局面で体調をくずした自分がなんかもうヤになったので、ストレス発散にダムに行くことにする。
疲れないように、適当Tシャツを着て適当な格好で出発だ。

■14時10分頃■
神奈川のダムに向かうが、配布場所閉鎖時間の都合から、途中で方向転換。
まず城山ダムに向かう事にする。
途中、ニコ動にあった「相模原愛川-高尾山間の下道」にあった、屋根に「酒」と書かれた酒屋でお茶を買う。
たぶんあそこのはずだ。

■14時45分頃■
城山ダムに着く。
人が多い。今までにないタイプのダムだ。観光施設と化してる。民家めちゃ近い。学校も隣にある。
神奈川県民、どんだけ坂道好きなんだ。
資料館をひとしきりうろついても、ダムカードは見つからない。
受付の女性に声をかけようとした瞬間「ダムカード?」と言われる。
ダムカード収集者特有の波動が出ているらしい。
ともかく城山ダムカード入手だ。


つくいこ!


■15時30分頃■
宮ヶ瀬ダムに着く
駐車場のおっちゃんに、「17時30分にこの門閉まっちゃうからそれまでに出てね」といわれる。
そんなに時間かからないだろうと思ったら、このダムアミューズメント施設と化してる。
資料館の中にレストランあるし、お土産屋あるし、児童向けダム遊戯コーナーまで。
どっかの国立科学博物館のようだ。気合が入りすぎてる。採算取れてるのだろうか神奈川県。

ダム名物、残念なゆるキャラもいない。みんなしっかりしてる。
僕のセンサーに引っかかったのは、高見盛関のポスターと、「エネルギーうどん」なるメニューだった。
しかしメシは普通にダムカレーを食った。



あと、水力発電所にあったこのマークが、ジェンダー的な何かに見える。

性別的ななにか

■17時30分頃■
相模湖の相模ダムに向かう。
夕暮れ時の田舎道で、ひぐらしがないてる。民家がいかにも田舎の古い建築。いいかんじだ。
途中、すれ違い不可の極細山道を通る。ガードレールもないので落下したら死ぬ。
金田一的な殺人事件が起こっても不思議じゃない。


■18時少し前■
相模湖の資料館に着く。
資料館の中で、中学生か女子高生かわからないけど3人、なんか恋愛の話をしてる
受付で声をかけたら、気さくなおっちゃんとスゲーかわいい女が出てきて、ダムカードをくれた。
スゲーかわいいダムカード女とおっちゃんが、ここでしか売ってないダムグッズを教えてくれる。
ダム女がスゲーかわいいので、ダムスタンプを買う。
恋愛話してる3人含め、夏休みに入った女子高生だろうか。

夕暮れ時のひぐらし、田舎道の風景、すげかわ女、ダム
私の夏休みはもうほぼやりつくしてしまった感でいっぱいである。
満足したら腹の調子もよくなり、頭痛もなくなった。ダムでデトックス。


シールが「ダム」
すげかわダム女と共に爆笑した。

Sunday 23:34

おじさんのマーライオン

  海外旅行に行く友人に頼んでおいたのだ。
 「土産には変な日本語の商品や看板の写真を頼む」

 友人は行く先々で、変な日本語を探してくれたようだが、残念ながら我々の眼を満足させるものには遭遇できなかったそうだ。
 かわりにマーライオンの写真が送られてきた。



 こんな顔のおじさん、いる。

 本人の許可はとっていないが、勝手に載せてしまった。「俺のネタなのに!」って言われたら即時消そうと思う。

 ところでこの場合の本人とは、旅行した友人なのか。それともおじさん顔のマーライオンなのか?

Thursday 23:29

  • -
  • comments (0)
  • trackbacks (0)

続・いまどきの中国DVDのすべて

 以前の日記で書いた、中国で働いていた友人にもらったDVD。
 http://n-ss.jugem.jp/?eid=118

 パッと見ふつう。
 

 よく見ると、ひどい誤字。
 

 そんなDVDを、なんとなく再生してみた。みたことあるけど。


 その時、画面にこんな文字が。
 
 ただひたすらに、脱力する日曜日なり。
 リリィ・シュシュどこ?

Monday 01:01

混沌を探しに行こう

 友人と飯を食った帰り、こんなステキな出会いを見た。

 頭脳トレーニング三種。瞑想効果で勝率うなぎのぼり。おチャクラ全開。


 茶娘はハリウッド女優。
 濃い。お茶のお濃いとかけてるのかしら。


 歯医者の前に涼宮ハルヒにでてきたキャラっぽい絵
 描いたのはすごくかわいい女子に決まってる。男なわけがない。
 控えめな「スタッフ募集中」の文字がおくゆかしくていかす。


 この街は次の引越し候補の一つとしてノミネートされました。僕の脳内で。

Sunday 02:45

巨大ボウリングピンの思い出

 僕がまだ学生だったときのことです。


 小田急線で通学していると、いつも線路の北側に、庭に変なものがある民家が見えるのです。
 線路沿いの道に面したその民家の庭には、なぜか人間ほどもある大きさの巨大なボウリングピンが一本立っていました。

「なにあれ」

 気になりはするものの、別に降りて確かめるほどでもなく、気が付けば小田急線は路線が高架になり、民家は見えなくなり、私も卒業しボウリングピンのことは忘れていました。

 先日、ロマンスカーで小田原まで行きました。
 新宿駅をでてすぐのところにある美容師学校の変貌振りや、しばらくすすむと見えるテニスコートを見ながら思い出しました。

「そういやあの巨大ボウリングピン、今どうなってんの?」





 今日、見てきました。
 おぼろげな記憶の中にある情報は以下の通り。
1.豪徳寺か梅が丘のそば
2.線路北側
3.民家の庭は普通の土。草もそこそこ生えていた。
4.1997年から2000年くらいまでは必ずあった。

 とりあえず経堂で降りて、世田谷代田まで歩いてみます。
 が、いきなり線路の周囲の雰囲気が違う。再開発されてます。「もうなさそう」と思いつつもとりあえず歩きます。庭のある民家は要チェック!ガン見です。通報寸前です。



 世田谷代田まで歩きましたが、ボウリングのピンはみつからない。
 念のため折り返してまた歩いてみます。今度は祖師ヶ谷大蔵まで歩いてみます。




 何件か、それっぽい民家があったものの、結局ボウリングのピン自体は見つかりませんでした。がっかりです。
 再開発で民家が引っ越してしまったのでしょうか。それともピンだけ処分してしまったのでしょうか。

 僕には何もわかりません。

Monday 00:21